眼

レーシック手術ってなに?

巷で話題のレーシック手術
耳にしたことはあるけど、何の手術なの?期待できる効果は?
レーシック手術についての基本的な情報をご説明します。

今、何かと話題のレーシック手術とは、いったいなんなのでしょうか。
現在、パソコンや携帯の普及により増加傾向にあるのが、近視です。
近視というのは、近くばかりをよく見ることにより、遠くのものが見えにくく、視力が低下することです。
これまで、近視の視力矯正としてメガネやコンタクトが使用されてきました。
メガネやコンタクトは実際の視力を回復させるのではなく、レンズによって視力を補う方法です。

レーシック手術は、このメガネやコンタクトに代わる『第3の視力矯正方法』です。
具体的な矯正方法は、目の表面の角膜にレーザーを照射し、曲率を変えることにより実際の視力自体を向上させる角膜屈折矯正手術です。
レーシック手術はギリシャで1990年に初めて行われ、その後アメリカで広く認識されるようになりました。
現在、アメリカでは毎年100万人以上もの人がレーシック手術を受け、近視である人の約1割がレーシックを選択しているようです。
日本では、2000年にレーシック手術に使用するレーザーが認可され、現在は全国の眼科でレーシックを受けることが可能です。
その他の世界各国で行われているレーシックの状況はこちらをご覧ください。

レーシック手術を受ける人は年々、増え続ける傾向にあります。
レーシックの手術による視力の回復は、個人差がありますが、およそ95%以上 の人もが 1.0以上に回復すると言われています。
手術は15〜20分ほどで手術直後から回復効果が表れ、1、2週間ほどで視力は完全な状態までに回復します。
その後、1ヶ月ほどで視力が安定します。

まだまだ、認知度の低いレーシック手術、一部では手術による後遺症や感染症などの問題も取り上げられています。
レーシック手術を受けらることができる条件、またかかる時間や費用と保険適用になるのか?などについてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。
レーシックが普及しはじめた当初は、関連設備や医師の技術が追い付かず、そのような問題も起こっていました。
しかし、現在では医療技術の発達や施術件数の増加で医師の執刀医の技術も向上し、レーシック手術の安全性も向上しています。
日帰りで、視力自体の回復矯正が可能なレーシック手術は増え続ける近視の人にとって、希望の光となる視力矯正と言えるでしょう。
Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.