眼

レーザーの種類

レーシック手術の種類はどのように違うのか?
どのようにレーシック手術を選べ良いか?
レーシックの種類について説明します。

「第三の視力矯正方法」とされるレーシック手術は、レーザーを角膜に照射して角膜の曲率を変えることで実際の視力自体を向上させる手術です。
レーザー機器の精度がレーシック手術の重要なポイントとなります。
レーシック手術にはいくつかの種類があり、使用されるレーザー機器が異なります。
近視の方のみが受けられるのではなくレーシックは乱視も治るそうです。

レーシック手術で使用されるレーザーは、エキシマレーザーという機械を使用しています。
特殊なレーザーで、高精度の切除・切開が可能です。
生体組織の熱変性を起こさず、発がん性もないということが確認されており、非常に安全なレーザーだと認識されています。

その他のレーシック手術では、フラップ作成時にイントラレースとうコンピューター制御の機械を用いる最先端技術の「イントラレーシック」。
このレーシックでは、コンピューターによる設定で、1人1人に合わせたフラップを正確に作成することが出来ます。
レーザー機械は、コンチェルトやアグレットというもので、照射が早く正確という特徴を持っています。
「アイレーシック」でも、フラップを作成する時にイントラレースを使用しますが、レーシック手術の際にはアイレーシック専用機械であるビジックスを用いて手術を行います。
また、病院によっても取り扱ってる機器は異なりますので、しっかりと情報を集めましょう。

それぞれのレーシック手術により、視力回復の効果、回復までの期間が短かったり、痛みの有無、費用などの差あります。
しかし、効果に関しては、受ける個人の状態が大きく関係しているとされ、自分に適したレーシック手術を受ければ、どれも同様の視力回復効果が望めます。
こちらにレーシックプラン比較表というものがありましたのでご覧ください。
その為には、しっかりとした医師とのカウンセリングや精密な適応検査を受けることが重要です。

高精度で安心安全、痛みがない、安価なもの、選ぶ基準や条件は人それぞれです。
まずは最優先の条件を見定め、医師とのカウンセリングも踏まえ、自分に合ったレーシック手術を選びましょう。 レーシック手術は短時間でおわるし、日帰りで行えるので人気が上昇しているのでしょう。

Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.