眼

保険は適応するの?

視力矯正であるレーシック手術に保険は適応するのか?
実際の費用はどれくらいか?費用の差は何によるものなのか?
気になるレーシック手術のお値段についてご説明します。

第三の視力矯正方法として注目されている、レーシック手術。
近視の悩みを抱える多くの人が、レーシック手術を希望し、年々レーシック手術を受ける人は増加しています。
しかし、だれでも受けられるのではありません。
レーシックを受けるには条件を満たす必要があるのです。
そこで、気になるのが手術の費用です。
実は、レーシック手術は原則的に保険適用外、自費診療で行われていますので、手術にかかる費用はクリニックによって大きく差があるのが現状です。
レーシック手術にかかる費用は10万程から50万を超えるものまで、かなり幅があるのが現状ですし、レーシック手術の種類によっても金額は大きく変わります。
当たり前ですが、医師の技量や精密機器が必要となる程、割高となります。

自費診療ですから、クリニックによっては期間限定で値段が格安だったり、紹介制度として手術を受けた人が他の人を紹介する事によって割引が生じる事もあります。
レーシックの普及当初から比べると、技術の進歩やより世間に広まることで、安価で受けやすい手術になってきていると言えるでしょう。
しかし中には、医師とのカウンセリングを受けるなかで、割高となるレーシック手術などをすすめられるケースが存在したりします。
適応検査の結果や角膜の状態などから、手術を受ける人がそのレーシックの方法が一番適しているのであれば問題ありませんが、特に必要も無いのに強くすすめられるような場合には、他のクリニックでカウンセリングを受けてみることも大切です。
病院ははじめから一件に絞るのではなく、いくつか実際に訪れてから決めたほうが無難です。

また、民間の保険の中にはレーシック手術に対し利用可能なものがあります。
金額としてはそこまで大きな補助ではない場合が多いですが、ぜひ加入している保険会社に問い合わせてみましょう。

レーシック手術は一生に関わる手術です。
費用も重要な選択要素ですが、病院の設備環境からレーシック手術の内容や医師の技術力、手術後のアフターケアの保障などを総合的な観点から病院を選び、安心安全で納得できるレーシック手術を受けましょう。
レーシック手術を受けて10年後どうなっているのか、こちらに体験談が載っていますのでご覧ください。
Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.