眼

失敗することはあるの?

どんな手術を受けるときでも、失敗はしたくないものです。
レーシック手術の失敗とはなんなのか?
安心で安全とされるレーシック手術の失敗の可能性についてご説明します。

第三の視力矯正方法と呼ばれるレーシック手術ですが、失敗することはあるのでしょうか。
そもそもレーシックとは、目の表面の角膜にレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることで実際の視力自体を向上させる角膜屈折矯正手術のことです。
日帰りでできる簡単な手術と思われがちですが、精密なレーザー機器と高度な医療技術が必要となる眼科手術です。
実際、レーシック手術後に後遺症、感染症、合併症、不正乱視などが発症する可能性はゼロではありません。
レーシック難民について詳しく知りたい方は、http://www.riponwebdesign.com/2.htmlをご覧ください。
後遺症としては、眼が疲れやすくなったり、それに伴う頭痛などのマイナートラブル、レーシック難民と呼ばれるものが挙げられます。
こういった可能性もないとは言えないところがレーシックのデメリットでしょう。

レーシック手術の歴史は浅く、2000年に入ってから日本で認可されました。
その後、レーシック手術の施術件数は増加傾向にあります。
レーシック手術が話題になり始めたころは、レーシック手術を行う医療機関の衛生管理が十分でないことにより、感染症が引き起こされるということもありました。
また、医師の技術、機器の精度が追い付かないことも不正乱視などの原因でした。
現在では、医療技術やレーザー機器の進歩によって、レーシック手術を受けた90%以上の方が視力改善効果を実感しており、感染症などの発症もほとんどなく、レーシック手術は安心で安全な手術であると言えます。
レーシックのメリットとデメリットはしっかり学習しておきましょう。
しかし、レーシック難民などの問題は未だに残っており、安全性が高いとは言っても、手術のリスクについて説明することが、眼科や医師の義務として徹底されています。
その後の治療が確立されていないレーシック難民の問題も、手術前の医師との綿密なカウンセリングや正確な適応検査により、自分に合ったレーシック手術を選択することで可能性は激減します。
しっかりとした設備の整ったクリニック、知識と経験が豊富で腕の良い医師を選び、納得いくまでレーシック手術について説明を受けてからレーシック手術に臨むことが、レーシック成功者への近道と言えるでしょう。
そんなレーシック手術を受けた後してはいけないことがいくつかあるようなので、こちらを参考にしてください。
Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.