眼

レーシック難民ってなに?

レーシック手術を受ける際に気になるレーシック難民の存在。
レーシック難民とはなんなのか?
自分がレーシック難民にならないためにはどうすればいいのか?
レーシック難民の実態と現状をご説明します。

レーシック手術が有名になっていくのと同時に、注目を集めている言葉に「レーシック難民」というものがあります。
レーシック難民とは、レーシック手術の後に眼や体に何らかの問題や症状が起こってしまったにもかかわらず、眼科での治療を受けても症状の改善が見られない、または適切な治療が行われていない人たちのことを指します。
レーシック難民に見られる、術後の不調、症状として挙げられるのは、眼が疲れやすい、乾きやすい、ドライアイなど、またそれらが原因となって起こる頭痛などです。
しかし、レーシックによって失明して例はないそうです。

まだ歴史の浅いレーシック手術は、普及当初、医療設備の不備などから感染症の問題もありましたが、近年の手術技術や機器の進歩によりレーシック手術の技術的なトラブルはほとんどなく、安全な手術であるとされています。
レーシック難民の症状は検査データとしては表れない、マイナートラブルです。
レーシック手術の目的である近視の改善効果は得られており、視力自体は手術前より上がっています。
もちろん、視力検査や眼球の検査でも異常は見られません。
しかし、日常的に眼に異常を感じるという具合で、眼科としては経過を見ていくほかないというのが現状です。

レーシック手術による視力矯正では、視力が1.5〜2.0程度までの視力回復が一般的となっています。
患者の方々も、その程度の視力を手に入れることを希望するようです。
しかし、それでは視力が強くなりすぎる人が多くいます。
遠くがよく見えるようになったのは良くても、今度は近くが見えづらく近くを見ていると目が疲れやすい。
これがレーシック難民の元ではないかとされています。
そうなってしまった方もレーシックの再手術を無料で行える場合があるそうです。

レーシック難民とは、患者さんが視力の飛躍的な向上を望み、それを実現しすぎてしまうことにより起こってしまうことなのです。
視力回復後も問題を残してしまうレーシック難民にならないためには、手術を担当する医師としっかりと相談し、どの程度の視力矯正にするか自分にあったレーシックの方法を選択することが重要といえます。
また、失敗しないためには選ぶ眼科医も重要となってきます。
成功か失敗するかで今後の人生が大きく変わってしまう手術だからこそ慎重に選んでほしいです。
信頼できる眼科医の探し方がこちらにかいてありますので参考にして良い方を見つけてください。
Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.