Sample Image

老眼が進行するって本当?

誰もが年をとることで起こりうる老眼。
レーシックによる老眼の進行や発症が心配される方が多くいます。
しかし、実際にはどうなのでしょう?
レーシック手術と老眼の関係についてご説明します。

眼の角膜にレーザーを照射して視力を矯正する、レーシック手術。
日帰りで手軽に行えることで、近年、注目を集めています。
近視の視力矯正が目的のレーシック手術ですが、老眼が進行するという話が広がっています。
実際には、近視矯正のレーシック手術を受けることによって、その後、老眼になりやすくなる、老眼が進行するということはありません。
レーシック手術の視力の回復には、個人差がありますが、95%以上の人が 1.0以上に回復するとされ、問題も少なく安全な手術となっています。
どうして視力が回復するのか?レーシックで視力が回復する仕組みはこちらにかいてあります。

では、なぜレーシックと老眼の関係が問題視されているのでしょうか。
老眼とは、一般的に近くのものが見えづらくなる症状です。
誰でも一定の年齢を超えてくると、老眼の症状が出てくるようになります。
近視の人は、遠くが見えづらく、近くが見えやすい状態のため、逆の状態である老眼になったことに気付きにくいとされています。
レーシック手術によって近視が矯正されると、近くが見えづらくなったことに気付きやすいので、近視の方に比べて老眼になったことに早く気付く可能性が高くなります。
これが、老眼になりやすい、老眼が進行するという話の真実です。

近視でレーシック手術を受けた人で、老眼もすでに始まっている人では、遠くはよく見えるようになっても、今までよく見えていた近くが見えづらくなるといったことが起こる可能性もありますが進行した訳ではありません。
レーシック手術では老眼の矯正はできません。
しかし、近視のまま老眼も進むと遠近両用のメガネやコンタクトが必要で、眼も疲れやすくなってしまいます。

レーシック手術によって近視を改善することは、将来的に老眼鏡だけで事足りるなど、メリットが大きいと思われます。
パソコンやケータイの普及により近視の人口は増えています。
ぜひ、老眼が始まる前にレーシック手術により視力を回復したいものです。
レーシックで近視・遠視・乱視・老眼の矯正方法がこちらに載っていますのでご覧ください。
Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.