眼

芸能人もレーシックを受けている!

現在、レーシックの施術件数は増加傾向にあります。
失敗したら後遺症が残るといわれているのになぜ人気なのでしょう?
それについてはレーシックのメリット・デメリットを見ればわかるはずです。
その中には、わたし達がよく知っている有名芸能人も多くいます。
どのような人がレーシックを受けて生活しているのか?
身近な芸能人をご紹介します。

日本でも知名度が急上昇している「レーシック手術」。
究極の視力矯正方法として、年々レーシック手術を受ける人が増えています。
その中には、わたし達がよく知る有名人も多く含まれています。
どのような人が、レーシック手術を受けているのでしょうか。

まずは、国外ですがプロゴルファーのタイガーウッズです。
アメリカにレーシックを広めた人物の一人でもあります。
極度な距離感の制度が求められるゴルフにおいて、視力の遠近感はとても重要です。
レーシック手術で、コンタクトレンズよりもリアルな遠近感を得たことにより、「以前より細かい芝目まで見えるようになった。」とのコメントしています。
そして、さまざまな偉業をなし遂げるほどのプレイヤーになりました。

日本人で有名なのはプロ野球選手である松坂大輔です。
メジャーでプレーする一流のピッチャーにとって視力は重要ですよね。
視力を失うことは職を失うことに繋がります。
もしもレーシック手術に不安があれば手術を受けることはないでしょう。
その他にも、俳優の松方弘樹や歌手の倖田來未、タレントの乙葉もレーシック手術を受けています。
また、南海キャンディーズの山里亮太は番組の企画内でレーシック手術を受けています。
実際に手術の流れなどが番組で紹介され、話題を呼びました。
こちらにレーシック成功者の体験談がいくつか紹介されていますのでご覧ください。

かなり身近な存在になってきた、レーシック手術ですが、まだまだ世間への浸透度は高くありません。
一部では、レーシック難民の存在や、術後の後遺症などの問題点、不安要素がとりあげられています。
しかし、現在では医療技術の発達などによりレーシック手術の安全は確立されていると言えます。
実際にTVなどで見る身近な芸能人たちが、レーシックにより視力矯正を行い生活していることが分かることで、レーシック手術の信頼度が上がり、より安心してレーシック手術を前向きに検討することができますね。
こちらにレーシック手術の種類やかかる費用についてかいてありますのでご覧ください。

Copyright(c) 2011 眼科選び All Rights Reserved.